スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内公式オンラインショップ【高級帽子のボルサリーノ】


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 著名人も多数愛用。150年の歴史を持つ世界有数の高級帽子ブランド
 「ボルサリーノ」のオフィシャルオンラインショップです。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

ボルサリーノジャパン オフィシャルオンラインショップはその名の通り、150年の歴史を持つ帽子の名門ボルサリーノ(イタリア、アレッサンドリア)が日本に設立した「ボルサリーノジャパン」の運営する、公式オンラインショップです。

現在ボルサリーノジャパンでは通常の流通とともに大丸東京店、高島屋東京店、大丸心斎橋店、大丸福岡天神店と4カ所の直営店舗を持ち、このオフィシャルオンラインショップは5店目の出店となります。
ただのホームページと侮る事なかれ、ボルサリーノジャパン直営店舗の名に恥じぬような品揃えとネットショップならではの取り組みなどを織り交ぜ、皆様にボルサリーノの良さをあらためてその身で感じていただくため、邁進致します。

入会には規定はございませんが、当サイトにて1回でもお買い物をされた方のみ、当サイトの会員様として時期を見て特別なお知らせなどをお送りさせていただきます。

それではこれより、ボルサリーノによる至極の旅をお楽しみください。
帽子があなたにとってただのアクセサリーではなく、人生の友人となりますように。

オフィシャルオンラインショップ スタッフ一同

オンラインショップTOP
→http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HQJK5+3VWXHE+1VYY+60H7N

_______________________________________

ボルサリーノジャパン オフィシャルオンラインショップ

E-mail/shop@jborsalino.com
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HQJK5+3VWXHE+1VYY+60H7N



























■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
            Spirit of Borsalino

 著名人も多数愛用。150年の歴史を持つ世界有数の高級帽子ブランド
 「ボルサリーノ」のオフィシャルオンラインショップです。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

人は帽子を語る時ボルサリーノを語り、 ボルサリーノはイタリアンスタイルとエレガンスの象徴であることを語ります。
1857年、Giuseppe Borsalino(ジュセッペ・ボルサリーノ)により、イタリア、アレッサンドリアの地にフェルト帽の芸術的職人だけを集めた工場を設立したことからボルサリーノの歴史が始まりました。

150年以上という年月を経たボルサリーノでは、今日でも創設時と同様の製法がかたくなに守られています。今世紀初頭の機械、木製型は現在に受け継がれ、それらの道具とともに受け継がれた伝統の技術は、”ボルサリーノクラフトマンシップ”として幾世代にも渡り生き続けます。1つのフェルト帽を作るのに40以上の工程があり、なかには高度な技術を要し、72工程かかる帽子もあります。一つ一つの工程は熟練した職人により、創業当時と同様に約7週間手間暇をかけ行われ、ボルサリーノのフェルト帽が完成します。

”効率の為に、いかなる品質を犠牲にすることもできない””高級を織り込む為に、あえて伝統的な機械、道具を使い続ける”こうしたこだわりこそが、永遠のボルサリーノの精神であり”ボルサリーノクラフトマンシップ”といえます。


それではこれより、ボルサリーノによる至極の旅をお楽しみください。
帽子があなたにとってただのアクセサリーではなく、人生の友人となりますように。

オフィシャルオンラインショップ スタッフ一同

オンラインショップTOP
→http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HQJK5+3VWXHE+1VYY+60WN7

_______________________________________

ボルサリーノジャパン オフィシャルオンラインショップ

E-mail/shop@jborsalino.com
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HQJK5+3VWXHE+1VYY+60WN7

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。